スポンサーリンク

ひとよ(映画)はいつからいつまで?ネタバレと感想まとめ?

映画2019

こんにちはKEIGOです。

 

佐藤浩市さん、松岡茉優さんが出演する

話題の感涙ヒューマンドラマがいよいよクランクアップし、

 

とても話題になっていますよね。

 

子供たちのことを思い、

子供たちのためだと夫を殺害してしまった

 

稲村家の母親である【こはる】。

 

15年がたった現在、

子供たち3人はそれぞれ心の中の闇を抱えながら

みんなそれぞれの人生を送っていた。

 

そんなときこはるが帰ってきて

子供たちの心にさらなる波紋が起きていく。

 

簡単なあらすじはこんな感じです。

 

この話題になっている

【ひとよ】

のことについてお話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画【ひとよ】はいつから?

 

佐藤浩市さん、松岡茉優さん以外にも

豪華俳優陣が名を連ね、

 

 

佐藤健さんや鈴木亮平さんも出演するということで

ファンの方にはとても待ち遠しいでしょう。

 

いつから公開されるかと思っていたら

まもなくでした。

 

11月8日の金曜日より公開されますので

お早めにチケットお取りのうえ、

お見逃しのないよう!!

 

 

映画【ひとよ】はいつまで?

 

映画の公開をいつまでと言わずに

少しでも早く見てほしいものですが、

 

もう少しほとぼりが冷めてから

という方もおられるかと思います。

 

公開日の11月8日から

予想を上回る盛況ぶりになることが

予想されますので

現在のところいつまでかは発表されていません。

 

わかり次第追記していきたいと思います。

 

映画【ひとよ】ネタバレと感想まとめ

 

15年前、母親は子供たちが自由に成長し、夢を実現できることを望んで、父親を殺害しました。そして、約束通り、彼女は戻ってきます。

タクシー会社の社長である稲村氏とその従業員たちは、母親を歓迎する姿勢を見せますが、3人の兄弟姉妹は母親との関係にどう向き合うべきか悩んでいます。

 

母親はかつての出来事によって家族との関係に影響を与えました。長女・園子は母親が帰ってきた瞬間、動揺しつつも喜び受け入れます。一方、長男・大樹は母親のことを妻に隠していたことが明るみに出て、離婚の危機に直面します。次男・雄二は母親に対して強い抵抗感を抱き、家族に対する嫌がらせを行っていましたが、彼も母親を追いかけることで夢を追求し、家族と向き合います。

しかし、雄二は自身が書いた記事によって兄妹たちと対立し、母親との本音の対決が難しい状況に直面します。その時、兄弟姉妹は母親が運転中のタクシーに乗っていることを知り、彼女を探しに出かけます。タクシーを見つけるものの、母親は彼らの呼びかけに応じず、海に向かって進みます。

雄二は決意し、タクシーに体当たりして母親を救出します。そして、彼は長年の感情を吐露するのです。

後日、園子は母親の髪を切ることを決意し、美容師としての夢を実現しようとします。母親は楽しみに待っています。この瞬間を兄弟たちが見守り、それぞれの心の葛藤を乗り越えて、家族の絆が強化される様子が描かれています。

 

感想まとめ

 

この映画は、感動的で、難しいテーマを扱いつつ、笑いと感動を絶妙に組み合わせています。家族、愛、葛藤、そして言葉や行動に込められた意味について深いメッセージが含まれています。特に、長男の妻が言った「あなたの悩みは家族の悩み」という言葉は多くの人に共感を呼び起こすでしょう。

ただし、一部の視聴者からは、物語の一部や出来事が現実的でないとの指摘もあります。それにもかかわらず、この作品は多くの人々に感動と共感を提供し、家族や人間関係について深く考えさせることができるでしょう。個人の視点や評価は異なるかもしれませんが、多くの人におすすめできる素晴らしい作品と言えます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

感動的な作品で

涙なしには見られない作品です。

 

どうか劇場でご覧になってください!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました