グレープフルーツ売れないで結構!栄養満点ダイエットにも

小ネタ

Engin_Akyurt / Pixabay

2019/1/29更新

 

最近ニュースで知りましたがグレープフルーツへの支出がここ10年で60%

減少しているそうで・・・

その理由としてほとんどのグレープフルーツがアメリカのフロリダ産か南アフ

リカ産らしく、日本で特に産地もなく産地ブランドをPRするところもない。

なのでグレープフルーツ自体の存在感が薄いというのが現状です。

しかし、グレープフルーツを愛する私にとって国内の消費量なんぞどうでも

いい。

おいしいグレープフルーツさえ食べられればいいのですよ。

今回は、グレープフルーツのことを詳しく調べたのでお伝えしていきます。

グレープフルーツの種類

一般的に日本の果物屋さんやスーパーで売られているのは数種類しかあり

ません。

その中で一番よく見るのは

『ホワイトマーシュ』

ptanpm / Pixabay

 

みなさんがよく目にする普通のグレープフルーツです。

果肉の部分が白黄色で果汁が多くてジューシー。

少しだけ苦みがあり、でもさわやかな味わい。

産地はアメリカフロリダ産が多い。

 

続きまして

『ルビー・ピンクマーシュ』

WikimediaImages / Pixabay

 

外見は普通のグレープフルーツと変わりませんが、果肉が

赤みががかったピンク色をしておりともてキレイ。

産地はアメリカのフロリダ産がやはり多い。

最後に

『スタールビー』

 

スタールビーはその名の通り中の果肉部分がルビーのような

色をしています。

ホワイトマーシュなどの一般的なグレープフルーツに比べ

苦みが少なく甘みがとても強い品種です。

特に4月ごろから6月ごろに出回るアメリカ産のスタールビーは

とてもジューシーでおいしいのが特徴です。

見た目もきれいでレストランなどではいろどりによく使用されて

います。

とまあ日本で簡単に手に入るものは3種類で、中でもスタールビーは

甘くおいしいので果物屋さんでも人気のようです。

グレープフルーツの栄養価

silviarita / Pixabay

グレープフルーツはとっても体にいいんです。

例えば、風邪美肌に効果的でビタミンCがクエン酸と一緒に含まれて

いるため、吸収されやすい。
他に、動脈硬化予防にも効果があり、品種で言うとルビーやスタールビ

ーはカロテン410μgの中にリコピンがとても多く含まれています。

そのため抗酸化性が強く動脈硬化予防に効果があります。

・グレープフルーツの可食部100g当たりの栄養成分

エネルギー38kcal
水分89g
タンパク質0.9g
糖質0.1g
炭水化物9.6g
食物繊維0.6g
ビタミンE0.3mg
ビタミンB10.07mg
ビタミンB20.03mg
ビタミンC36mg
ナイアシン0.3mg
ナトリウム1mg
カリウム140mg
カルシウム15mg
マグネシウム9mg
リン17mg

コメント

タイトルとURLをコピーしました