新紙幣/渋沢栄一って誰?経歴は?交換する理由は?諭吉じゃなくなる

小ネタ
PublicDomainPictures / Pixabay

PublicDomainPictures / Pixabay

こんにちは、KEIGOです。

 

政府が2024年から新しい紙幣を流通させるという報道がありましたね。

 

紙幣ってなんで刷新する必要があるんですかね?

 

今の世の中、

電子マネーが流通し始めお金ってだんだん必要なくなっていくのに・・・

 

新紙幣は一万円札は福沢諭吉から渋沢栄一へ、

五千円札は津田梅子に、

千円札は北里柴三郎になるようですね。

 

渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎・・・

 

あまり聞きなれない名前だと思った方は多いのではないかと思います。

 

今回は、この3人の経歴や新紙幣を刷新、交換する理由について調べてみました。

 

ではいきましょう。

 

渋沢栄一って誰?

出典先:https://hbol.jp/71078

 

しぶさわえいいち

生年月日:1840年3月16日

職業:幕臣・官僚・実業家

 

渋沢栄一さんは『日本資本主義の父』と呼ばれています。

 

経歴

 

渋沢栄一さんは大蔵省に就てめていましたが、

辞めて実業家になる道を選びます。

 

大蔵省の官僚時代に自らが設立を指導した第一国立銀行という日本の最古の銀行の頭取になります。

 

それ以外にも七十七銀行などの地方銀行設立にも意見し、

指導してきました。

 

また、いろいろな種類の企業の設立に携わり、

500以上の企業の設立に関わったといわれています。

 

東京ガス、東京海上火災保険、英国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道

キリンビール、サッポロビール、王子製紙などなど大企業の設立に関わっていたようです。

 

渋沢栄一さんは過去にも紙幣の肖像候補として何度か上がっていましたが、

紙幣の偽造を難しくするために肖像にはひげがある人が選ばれていたので、

渋沢栄一さんが採用されることはありませんでした。

 

日本への貢献も大きく、

私利私欲のためにお金儲けをするのではなく日本の発展のために頑張ってくれた人ですね。

 

津田梅子って誰?

出典先:https://ameblo.jp/takafumiaoki000/

 

つだうめこ

生年月日:1864年12月31日

出身地:江戸牛込南御徒町

  (現在の東京都新宿区)

 

経歴

津田梅子さんは日本の女子教育の先駆者といわれています。

 

現在の津田塾大学(当時は女子英学塾)を設立し塾長になった人で、

岩倉使節団の1人として6歳でアメリカへ留学しています。

 

北里柴三郎って誰?

出典先:https://kotobank.jp/

 

きたざとしばさぶろう

生年月日:1853年1月29日

出身地:肥後国阿蘇郡

 

経歴

 

北里柴三郎さんは日本細菌学の父と呼ばれ、

あのペスト菌を発見したことで有名な人です。

 

また、破傷風の治療法を開発しています。

 

ドイツに長らく留学していて日本に戻り、

福沢諭吉さんたちと一緒に伝染病研究所を設立しました。

 

また、慶応大学医学部の創設に力を注いだ人で、

初代学部長にもなっています。

 

紙幣を交換する理由は?

前回新紙幣に刷新されたのは2004年。

 

今回刷新されるのは2024年の予定なのでちょうど20年ですね。

 

紙幣を刷新する理由として1番は偽造防止です。

 

世界では紙幣といっても紙で作られていないものもあります。

 

例えばオーストラリアはプラスティックで出来ています。

 

日本の紙幣は紙でできていますが、

偽造が難しいようで透かしやホログラムなどの技術を駆使し、

世界でもトップクラスの技術で紙幣を偽造できないように作られています。

 

過去の紙幣の肖像画は?

2004年から刷新した紙幣

今使われている紙幣ですが、

1万円札は福沢諭吉、

五千円札は樋口一葉、

千円札は野口英雄が印刷されていますね。

2004年に刷新した紙幣

2004年から今までなかった二千円札が作られるようになりました。

 

最近ではあまり見かけなくなりましたが、

沖縄の首里城が印刷されています。

 

1984年に刷新した紙幣

五千円札には新渡戸稲造が印刷されていますね。

 

少し懐かしく思われる方も多いのではないでしょうか?

 

まとめ

 

新しく刷新される新紙幣。

 

令和と元号が変わったことも1つの要因ではあるそうですが・・・

 

新しいお札、

どのようなデザインになるのか楽しみですね。

 

以上、KEIGOでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました