永作博美のドラマの代表作は?ちなみに2019年出演作はかわいい役?

ゴシップ

こんにちは、KEIGOです。

 

平成の大みそかと題して、

4月30日の18:30から放送される

『平成の大みそか令和につなぐテレビ 知られざる皇室10の物語』

がフジテレビ系列で放送されますが、

そこで永作博美さんが出演されています。

 

最近、テレビでお見掛けすることが少なくなったので、

楽しみにされている方は多いのではないかと思います。

 

永作博美さんはアイドル時代から現在まで変わらずおきれいで、

年齢を感じさせない方ですよね。

 

今回は、永作博美さんについて、

・ドラマや映画の代表作

・2019年の出演作品

などについて見ていきたいと思います。

 

永作博美

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Masaki MA-KI Sakaiさん(@masaki.sakai.18)がシェアした投稿

 

永作博美(ながさくひろみ)

本名:内藤博美(ないとうひろみ)

生年月日:1970年10月14日

年齢:48歳

出身地:茨城県行方市

血液型:B型

身長:156cm

体重:42kg(以前公表されたもの)

職業:女優

所属:田辺エージェンシー

 

永作博美さんが48歳って驚きでした。

 

1970年生まれの芸能人は他に、

工藤静香さん、岡村隆史さん、西川貴教さん、中山美穂さんなどなど・・・

 

永作博美さんに限らずやっぱり芸能人って一般の人の48歳と違ってお若いですね。

 

永作博美の経歴

 

永作博美さんは高校3年生の時に、

松野有里巳と佐藤藍子さんとともにアイドルグループ『ribbon』を結成して、

人気を博しました。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

silverさん(@platinasilver)がシェアした投稿

 

1993年には『My Home Town』でソロデビューも果たしています。

 

 

 

それから女優になるべく『劇団☆新感線』で学び、

1994年ドラマ『陽の当たる場所』で女優デビューします。

 

ご存知の通り、

永作さんの演技力は素晴らしいものでのちには

2007年の『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で第50回ブルーリボン賞助演女優賞や、

2010年の『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、

2011年同じく『八日目の蝉』で第54回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しています。

 

現在までで永作さんが出演したドラマや映画は数えきれないほどで、

どんな役でもこなせる素晴らしい女優さんですね。

 

永作博美のドラマの代表作

 

永作さんが出演されているたくさんあるので選ぶのは難しいんですけど、

とりあえず・・・

 

ひとり暮らし

 

1996年にTBS系列で放送された『ひとり暮らし』。

 

郊外で家族4人で住んでいた常盤貴子さん演じる主人公美歩が息苦しさを感じて、

ひとり暮らしを始める。

 

ひとり暮らしを始めてから美穂は孤独感を感じることで最初は小学校からの親友、

永作博美さん演じる恭子を家に呼んでいたが、

あるきっかけで営業マンをしていた高橋克典さん演じる新谷と美歩は恋に落ちる。

 

それからというもの美歩はだんだん恭子を避けるようになり、

避けられていると感じた恭子は美歩に対して異常な行動をとるようになり、

だんだん泥沼化していってしまう。

 

Pure Soul~君が僕を忘れても~

 

2001年に日本テレビ系列で放送された『Pure Soul~君が僕を忘れても~』。

 

幸せな結婚生活を始めた矢先に若年性アルツハイマー病にかかってしまい、

だんだん記憶をなくしていってしまう妻・永作博美さん演じる高原薫と、

妻の病状を献身的に必至で支える夫緒方直人さん演じる浩介との純愛を描いたラブストーリー。

 

この作品の原作をもとに2004年韓国で映画『私の中の消しゴム』が製作され、

とても話題になりましたね。

 

四つの嘘

 

2008年にテレビ朝日系列で放送された作品『四つの嘘』。

 

高校生の時に出会って全く会わなくなっていた4人の同級生が、

4人のうちの1人羽田美智子さん演じる戸倉美波とその元交際相手、

仲村トオルさん演じる河野圭史がフェリーの事故にあってしまい亡くなってしまう。

 

残された同級生3人の人生がもう一度交わっていく姿を描いた物語で永作博美さんは、

河野の元妻で主人公の原詩文を演じている。

 

さよなら私

 

2014年にNHK総合テレビで放送された『さよなら私』。

 

高校時代の同級生だった友美と薫、春子の3人。

 

洋介と息子と3人で幸せに暮らす友美が高校の同窓会で再会したまだ独身でキャリアウーマンの親友、

早野薫と洋介が不倫していることを知り、

口論の末2人とも崖から転落してしまう。

 

気が付くと2人の心と体が入れ替わっていて洋介にも親友の春子にも何も言えないまま、

奇妙な不倫関係、夫婦関係、友人関係が進んでいくという物語。

 

主人公友美役に永作博美さん、薫役には石田ゆり子さん、

春子役には佐藤仁美さん、洋介役には藤木直人さんが演じている。

 

 

とりあえず4つの作品を選んでみましたが、

ここでは紹介できなかった作品も多数代表作品としてあるので、

またみてくださいね。

 

2019年出演作はかわいい役?

 

ちなみに永作博美さんの2019年の出演予定の作品を見ていきましょう。

 

2019年は現在発表されているのは、

夏に公開予定の『ペット2』で吹き替えに挑戦します。

 

お顔を拝見できないので残念ですが・・・

 

このほかにも永作さんが出演される作品がわかり次第追記していきたいと思います。

 

 



 

さいごに

 

アラフォーになってもきれいで輝き続ける永作博美さんをご紹介しました。

 

よく見てみるとどのドラマでも今ではキャストが難しそうな大女優や、

有名な俳優さんばかりですね。

 

これからも永作博美さんを一緒に応援していきましょう。

 

以上、KEIGOでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事:木南晴夏のドラマ代表作はどれ?昼顔もせいせいも銭ゲバもいいし選べない!!

関連記事:松岡茉優の映画/ドラマの2019年出演作品は?初声優代表作となるか?万引き家族他

コメント

タイトルとURLをコピーしました