【毒親特集】武田真一アナ涙で涙で語るが苦労知らずと批判の声も

未分類

こんにちは、KEIGOです。

 

毒親をNHKが特集していましたね。

 

その中で武田真一アナウンサーが突然泣き出し、

大粒の涙があふれながら話す姿がネット上で一部話題になっていますよね。

 

でもキャスターが涙を流しながら、

感情を表に出しながら視聴者に伝えようとするのはどうなんでしょうか?

 

武田アナの話を聞いたんですが、

私の親としての立場で見ると言いぐさなんかが何か納得いかなかった部分はありました。

Fotocitizen / Pixabay

 

 

クローズアップ現代+【毒親特集】

 

この問題は2019年4月18日に放送されたNHKの番組

『クローズアップ現代+』の『毒親って?親子関係どうすれば・・・』での出来事。

 

私は毎回この番組を見ているのですが、

番組の見解によると毒親とはざっくり分けると

・過干渉
・暴言・暴力
・親優先

 

の3種類のパターンがあるとのことで、

どのパターンも親の考え方を優先して子供の立場になって考えないことが指摘されていました。

 

精神科医の岡田尊司さんの考え方が番組で紹介されたのですが、

『毒親』にならないためには

子供第一に考えていない親の『自己愛』が一番の原因

だと指摘さえれています

 

武田真一アナ涙で涙で語る

 

一通り話の内容が終わったところで、

番組の問題はここから。

 

武田真一アナが『毒親』という言葉に対して文句ともとれる発言を行います。

 

あの、私は『毒親』という言葉にものすごく抵抗があって、

それを耳にするたびにですね、1人の親として本当にズタズタに切り裂かれるような

痛みを感じるんですよね。

 

と語りだし、

武田真一アナによれば親は子供に対して子供のためを思って懸命に育てており、

子供の将来に期待するのは当然ではないのかといった感じでした。

 

この発言に対して岡田尊司医師は

 

ただ、やはり人間、親子といえどもそれぞれ違う特性を持った存在です。

親にとってこれが1番いい正解だと思うことをこうしなさいっていうことは、

子供にとっては全然的外れな答えを押し付けていることになっているかもしれないですね。

 

この話を聞いて武田真一アナが涙を流したということです。

 

感動したという意見や苦労知らずと批判する声も

 

 

 

武田真一アナが泣こうがどうしようがそれは勝手なんですが、

この番組を見た視聴者の方々の中で

『武田真一アナ精一杯頑張ってるんだなあ?』

とか

『とても共感しました。

 

 

『涙を流している姿に救われました。』

 

などなど感動しているかのような意見がいくつもあり、

これには少し違和感を感じてしまいます。

 

 

 

私は子供を持つ身ですが、

本当に子育てに苦労されていますか??

 

って正直思いました。

 

逆に痛烈に批判している人たちも中にはいます。

 

 

 

武田真一アナの意見や言葉に肯定していても否定していてもなんでもいいんですが、

1番の問題は親がこんなに子供のことを思っていますよと感じて共感してしまうこと。

 

これってすでに『毒親』ですよ。

 

子供のことを一番に考えることこそ1番子供のためになるんではないかと思います。

 

だから武田真一アナに対して、

共感する人たちは『自分(親)は子供のために一生懸命頑張ってるのに』

って感じる人たち、

否定的な人たちは『子供のことを中心に考えろ!!』

と思っている人たち。

 

教育やしつけなどもう少し子供のことを考えてあげませんか?

 

あなたは子供にあなた以上を期待していませんか?

 

子供にとってプレッシャーを与えすぎていませんか?

 

1度少しでいいので考えてみてください。

 

さいごに

 

武田真一アナの涙の理由とその涙に対する意見をまとめてみました。

 

子供たちの将来が明るくなるよう頑張っていきましょう。

 

以上、KEIGOでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました