トーマスウィテカー(ウィタカー)テキサス州セレブ一家銃撃事件の真相↓犯人は?【悪魔のアリバイ】

テレビ事件系
stevepb / Pixabay

Vitabello / Pixabay

 

こんにちは、KEIGOです。

 

今回ご紹介する事件は、

2003年にテキサス州で起きたセレブ一家を襲った銃撃事件。

 

母と次男は残念ながらこの世を去り、

父親と長男は銃弾は受けましたが運よく命は助かりました。

 

当初は金目当ての犯行か?と思われていましたが・・・

 

何と犯人は・・・

 

この事件の真相をお伝えしていきたいと思います。

 

テキサス州セレブ一家銃撃事件の真相

 

この事件は2003年12月10日にテキサス州で起きました。

 

幸せな4人家族を突如襲った悲劇の全貌は一体!!!

 

テキサス州セレブ一家銃撃事件の概要

 

近所では有名な資産家であったウィタカー家が、

息子であるトーマスのサム・ヒューストン大学の最終試験の合格を祝うため、

スタッフォード近くの高級レストランで食事し、

和やかなムードな中、家路につきました。

 

neshom / Pixabay

 

 

 

 

 

 

当時19歳だったトーマスの弟ケビンが扉を開け家に入ると、

知らない男が覆面をして立っていました。

 

状況がよくのみ込めなかったケビンはその男に軽く微笑みかけましたが、

その直後、

覆面の男はケビンの胸に向けて銃弾を浴びせました。

 

床に倒れこんだケビンを後ろで見ていた母パトリシアは

 

『Oh,GOD!GOD!』(神よ!神よ!)

 

と動揺して叫び出しました。

 

そのすぐあと、

犯人はパトリシアに向けて発砲し、

パトリシアもバタンと床に倒れこみます。

 

犯人は続けて父ケントに向けて発砲しますが、

銃弾はケントの肩に命中。

 

隙を見て長男トーマスが犯人にとびかかり、

犯人ともみ合いになりました。

 

もみ合う中、犯人はトーマスに向けても発砲し、

トーマスは左腕に銃弾を受け負傷していしまいました。

 

そのすきを見て犯人は裏口より待機していた仲間の車に乗り込み、

逃走していきました。

 

stevepb / Pixabay

 

 

 

 

 

 

家の扉を開けた直後に打たれたケビンは数分後にこの世を去り、

母パトリシアもヘリコプターで緊急搬送されたのですが、

搬送途中にむなしくも帰らぬ人となってしまいました。

 

肩に銃弾を受けた父ケントと、

左腕を負傷したトーマスは病院に搬送されましたが命に別状はなく、

治療を受けました。

 

テキサス州セレブ一家銃撃事件の捜査、犯人は?

 

警察は目撃者であるケントとトーマスから事情を聴くと、

トーマスは犯人が黒人だったと証言しました。

 

また事件の起きる前にレストランで食事したのは、

トーマスが家族に大学の最終試験に合格したのですぐ卒業できるだろうと連絡したからでした。

 

しかし、警察が捜査するとトーマスは卒業はおろか、

最終試験にも合格していないことがわかりました。

 

さらに、結局すぐに犯人は逮捕されたのですが、

犯人は黒人ではなく白人でした。

 

なぜこんな嘘をついたのか?不審に思った警察はさらに捜査を続けていくと、

銃を撃った容疑者として逮捕したブラシアという男は驚きの供述を始めました。

 

なんとトーマス・ウィタカーに依頼されて犯行を起こしたというのです。

 

また逃走の手助けをした運転手だったスティーブンという男も同じくトーマスに依頼されたと語りました。

 

母と弟を失い、父親も重傷を負ったこの痛ましい事故の犯行を指示していた首謀者は、

長男のトーマスなんです!!

 

事件の当日、

トーマスは家族が家を出た後、入り口のカギを開け、

ブラシアを家に侵入させ、

家の中にある銃と弾薬が入った普段はカギのかかった大きな箱のカギを開けておき、

ブラシアに事前に銃を取り出させ銃弾を装填させ家に潜伏するように指示していました。

 

そして共犯者で運転手のスティーブンには食事しているレストランで待機させ、

家族が家に戻る前に先回りさせ、家族の帰りを待たせました。

 

そして銃撃の最中、トーマスはブラシアにわざと左腕を撃たせ、

強盗事件であるように見せかけるという細工をしたんです。

 

トーマスはこの事件を依頼するのにブラシアとスティーブンソンに数千ドルを支払う約束をしていました。

 

こういった証言をもとに警察は、

トーマス・ウィタカーもこの銃撃事件の首謀者であり共犯ということで逮捕状を取り、

トーマス逮捕に向けて動き出しました。

 

しかし、トーマスは逮捕されることを恐れ、

海外に逃亡します。

 

逃亡先はメキシコで、

ルディ・リオスという偽名を使い潜伏していました。

 

警察も懸命の捜査をしていき、

トーマスがメキシコに潜伏しているとの確信も持ちました。

 

なのでメキシコ当局に捜査の協力を依頼し、

トーマスは逃亡してから実に1年以上がたった2005年9月15日に、

メキシコ当局により逮捕されました。

 

そして無事にアメリカ当局に引き渡されました。

 

4711018 / Pixabay

 

 

 

テキサス州セレブ一家銃撃事件の裁判

 

犯人がまさか家族だとはと衝撃の事件は裁判へと進んでいきます。

 

検察側は裁判でトーマス・ウィタカーは直接犯行を行ったわけではないけど、

犯行の依頼を行ったことで首謀者と判断し最も罪が重いと主張していきます。

 

だってトーマスが犯行を依頼しなければ起きていなかった事件ですもんね。

 

また、トーマスの犯行の動機について検察側は、

家族にかけられた総額100万ドルの製麺保険が目当てだったと主張します。

 

しかし、トーマスはこれを否定。

 

生命保険は父親のケントにかけられた5万ドルしかなかったと主張します。

 

反対に、トーマスの弁護側は、

トーマス自身が精神障害を抱えていてさらに薬物の乱用によって悪化していき、

家族をこの世から消さなければいけないと幻聴が聞こえてきたと述べました。

 

ただこの裁判の複雑なところは検察側の主張と弁護側の主張、

もう一つ事件の被害者で生存した父親の存在がありました。

 

被害者で父親でもあるケントはトーマスを許し、

死刑判決を下さないよう必死に陪審員に呼びかけます。

 

自分の息子の犯行なんだから、

息子に死刑を言い渡される親の複雑な気持ちは難しいものがありますね。

 

しかし、この願いがかなわず陪審員はトーマスに死刑を言い渡してしまいました。

 

 

テキサス州セレブ一家銃撃事件のその後

 

トーマスに死刑判決が下った後も、

ケントは息子の死刑反対を訴え続けます。

 

トーマスの死刑は残虐な刑罰を禁じているアメリカ憲法の改正第8号に違反していると。

 

しかし、判事はケントの訴えを拒否し、

2017年11月1日にウィタカーの死刑の執行日を2018年2月22日と決定しました。

 

それでもケントはあきらめず、

自分はこの銃撃事件の生き残り被害者として本を出版し、

今度はテキサス州にトーマスへの恩赦を求めます。

 

この行動がテキサス州を動かし、

死刑執行日の2日前にトーマスは死刑から終身刑に変更されました。

 

父親の思いがやっと通じた瞬間ですが、

なんとも複雑な思いを感じてしまいます。

 

失った2人の家族のことを思うと胸が張り裂けそうになってしまいますね。

 

さいごに

 

まさか長男の首謀だったとは銃撃当時は誰も思わなかったでしょうが、

本当に残忍な事件ですね。

 

なぜこんなことをトーマスはしでかしてしまったのか・・・

 

謎は残りますが、

こんなこと2度と起きてほしくはありませんよね。

以上、KEIGOでした。

 

最後まで読み進めていただきありがとうございました。

 

同じ日に紹介される『悪魔のアリバイ』の別の事件をご覧ください!

[nlink url=”https://keigo-trendo.com/クラレンスエルキンズ6歳の孫に犯人は叔父さんと/”]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました