Little Black Dress(リトルブラックドレス)のRYOの年齢や令和最速配信の楽曲や名前の由来

ゴシップ
Free-Photos / Pixabay

Free-Photos / Pixabay

 

こんにちは、KEIGOです。

 

4月28日に開催されたMISIAの平成武道館のライブでオープニングアクトを堂々と披露した

『Little Black Dress』が令和早々にデビューすることを発表しました。

 

まだまだ謎に包まれた『Little Black Dress』について調べてみましたので、

どうぞご覧ください。

 

Little Black Dress

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LBDさん(@lbd_ryo)がシェアした投稿

岡山県出身のRYOのユニットネーム

『Little Black Dress』。

 

高校1年生の時にギターを譲り受けたことでギターをはじめ、

2年生の夏にオリジナル楽曲を作成する。

 

高校3年の時に上京し、

その9月にはMISIAの奈良の春日大社で開催された

『MISIA Candle Night』にオープニングアクトとして参加する。

 

そして12月から始まったMISIAのツアー

『THE TOUR OF MISIA LOVE BIBOP』でもオープニングアクトとして出演し、

誰もが憧れる大舞台横浜アリーナでの演奏も経験した。

 

Little Black DressのRYOの年齢は

 

RYOは現在20歳。

 

まだまだ音楽経験自体は浅いんですけど、

彼女とLittle Black Dressの奏でる音楽は聴く人を惹きつける魅力満載です。

 

そして令和最速配信の楽曲

 

なんと令和になる当日にLittle Black Dressは楽曲を配信するそうです。

 

一体どんな曲なんでしょうか?

 

 

 

その楽曲の名前は双六

間違わないでくださいね!!

 

2019年5月1日から配信されます。

 

是非ご期待ください。

 

さいごに

 

突然の発表で少し戸惑いましたが、

MISIAのライブで発表するなんてLittle Black Dressもなかなかですね。

 

今後の彼らの活躍に期待していましょうね。

以上、KEIGOでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事:MISIA平成武道館オープニングアクトのLittle Black DressのRYOの魅力

コメント

タイトルとURLをコピーしました