ママ(アマンダルイス)が犯人と証言した息子AJの真相を紹介↑現在は?

AJが書いた実際のイラスト ワールド犯罪ミステリー

12019 / Pixabay

 

 

こんにちは、KEIGOです。

 

5月22日に放送されるワールド犯罪ミステリー』で紹介される、

姉がこの世を去ったのは事故ではなく犯人はママと証言した前代未聞の事件。

 

息子AJくんの勇気や法廷での子供の証言の有効性など様々な要因で当時全米中から注目され、

とても話題になりました。

 

なので今回はママが犯人と証言したAJくんの証言内容や事件の全貌、

またAJくんの現在などをお伝えしていきたいと思います。

 

ママ(アマンダルイス)が犯人と証言した息子AJの真相を紹介

 

遡ること2007年8月、

舞台はアメリカのフロリダ州の住宅街、悲惨な出来事が起きてしまいます。

 

特別養護老人ホームで看護師として働くアマンダ・ルイスは7歳の娘、

アドリアンナが自宅のプールに浮かんでいるのを発見し911に通報しました。

 

救急隊員が駆け付けたときにはアドリアンナは呼吸していなく、脈もない状態で、

慌てて最寄りの病院へ運ばれました。

 

当時救急担当だったリンダ・フォックス医師は1時間以上アドリアンナの蘇生を試みましたが、

残念ながら17時5分に帰らぬ人となってしまいました。

 

アマンダルイスへの事故後の聴取

 

アマンダルイスは警察の聴取で事故のことを詳しく話していきます。

 

事故が起きた2007年8月8日、アマンダルイスは夜勤明けで昼寝をしていたとのことで、

その日は午後から子供たちと学校に必要な文房具などを買いに行く予定でした。

 

気温も高く、子供たちは庭のプールに入りたいと言いましたが、

アマンダは今日はプールには入るのはダメと子供たちに伝えました。

 

家の敷地には深さ約1.2メートルのプールがあったのですが、

まだ子供たちは小さかったので勝手にプールに入ることは禁止されていて、

必ず大人の立ち合いがなければ入れませんでした。

 

なのでプールへと降りるはしごは普段は外され倉庫の中に入れていたんです。

 

アマンダが出かける準備をしていると、

6歳の息子AJが家に帰ってきて突然、

 

『ママ!アドリアンナがプールにいる!!』

 

その声を聴いてアマンダは最初アドリアンナがプールのそばにいると思い、

プールの方に向かうとAJが必死にアドリアンナの体を掴もうとプールで水を漕いでいました。

 

慌ててアマンダは駆け寄ったとき、

アドリアンナはあお向けでプールに浮かんでいて表情も少し紫がかった青色をしていました。

 

なのですぐに911に電話して救急車を呼んだということです。

 

この内容を聞いた警察はあまり不審な点は見つからなかったので事故ではないかと結論を出そうとしていました。

 

6歳の息子AJの証言

 

ところが唯一の目撃者だった6歳の息子AJは母親とは違う証言をしました。

 

『ママがアドリアンナをプールに投げ落とした』

 

と。

 

夜遅くまで児童保護団体や警察関係者と話をする中で、

時々AJは混乱した様子を見せたり6歳なので当然あいまいなことを話したりと、

少し信用できない部分はありましたが警察は事故以外の角度からも調査をはじめました。

 

するとあることがわかりました。

 

アドリアンナは注意欠陥多動性障害だと分かりました。

 

さらにアドリアンナのことでアマンダは長い時間悩んでいたことを認めました。

 

また、警察がアマンダの家を捜査したとき、

アドリアンナの部屋に入ると尿の匂いがきつくおもちゃが1つもなかったと言います。

 

警察がこのことをアマンダに尋ねると、

アドリアンナが自分の部屋を掃除しないので罰としておもちゃをすべて取り上げ倉庫に入れたと話しました。

 

そこで警察が倉庫に行ってみるとおもちゃは1つもありませんでした。

 

こういったことから警察はもしかするとアマンダはアドリアンナの教育につかれ、

愛情すらなくなってしまったのでは??と考えるようになりました。

 

さらにアドリアンナが運ばれたとき処置を行ったフォックス医師は、

アマンダにアドリアンナの状態を説明した後、何か質問があるかとアマンダに尋ねると、

アマンダは『自動販売機はどこ?』と聞いてきたそうです。

 

???

 

また、娘ともう会えないという状況なのにアマンダは涙1つ流さなかったと言います。

 

息子AJの証言やこれらのことを踏まえて2007年9月にアマンダは逮捕されました。

 

アマンダの裁判

 

裁判の行方はすべて6歳の少年AJが握っていました。

 

 

 

 

AJはアドリアンナをプールにママが投げたと自分で書いた絵で説明し、

緊張し、時折涙を見せながら証言していきました。

 

AJが書いた実際のイラスト

 

もともとあまり話さず、物静かなAJにとって、

また6歳の少年がたくさんの人の前で証言するなんて緊張感は計り知れないものだったと思います。

 

とてもたくましい少年ですね。

 

アマンダへの判決

 

ほとんど証拠もなく、

6歳の少年AJの証言が決め手という異例の裁判は裁判官や陪審員を悩ませました。

 

4日間にも及ぶ裁判が終わり判決が下されるまでなんと2時間もかかりました。

 

そして判決はAJの描いた絵での証言とアドリアンナのおでこにあった傷が決め手となり、

有罪で懲役10年がアマンダに言い渡されました。

 

しかし、アマンダは現在も犯行を否定し続けています。

 

ママ(アマンダルイス)が犯人と証言した息子AJの現在は?

 

2007年にこの事件が起きたときのAJは6歳だったので、

現在は18歳ということになりますね。

 

彼は今どこで何をしているのでしょうか?

 

色々と調べてみましたがなかなかこれといった情報は見つかりませんでした。

 

もう少し調べて追記していきたいと思います。

 

さいごに

 

ママ(アマンダルイス)が犯人と証言した息子AJの真相についてお話ししましたが、

もし勇気あるAJの証言がなければ事故で済まされていた未解決事件になっていたのかもしれません。

 

娘を手にかけるという非常に残忍なアマンダでしたがもう2度とこんな事件起きてほしくないですよね。

 

以上、KEIGOでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

5月22日放送のワールド犯罪ミステリーで同時に放送される別の事件

[nlink url=”https://keigo-trendo.com/アンスルティanne-sluti17歳少女が誘拐され奇跡の脱出!/”]

 

 

過去の『ワールド犯罪ミステリー』の放送内容も読んでみてください!!

[nlink url=”https://keigo-trendo.com/18歳ベビーシッター乳児殺害事件の真相と全貌【ワ/”]

 

[nlink url=”https://keigo-trendo.com/ルイーズウッドワード/”]

 

[nlink url=”https://keigo-trendo.com/15歳少女誘拐監禁事件【サウスカロライナ】内容と/”]

 

[nlink url=”https://keigo-trendo.com/首輪爆弾事件の被害者18歳少女マデレーンの今現在/”]

 

[nlink url=”https://keigo-trendo.com/少女マデレーンの首に爆弾事件inオーストラリアの/”]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました