首輪爆弾事件の被害者18歳少女マデレーンの今現在は?オーストラリア

ワールド犯罪ミステリー

 

こんにちは、KEIGOです。

 

4月13日に放送される

『土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ3』

 

その中で男が家に押し込み、

18歳の少女に首輪爆弾をつけるという恐ろしい事件が放送されるのですが、

 

被害者の少女は今現在どうしているのでしょうか?

 

事件の簡単なあらすじと共に見ていきましょう。

 

首輪爆弾事件のあらすじ

 

2011年3月にオーストラリアのシドニー近郊の高級住宅街で事件は起こります。

 

この事件の被害者である18歳の少女マデレーン・パルバーさんは、

目前に試験を控え自宅で勉強をしていました。

 

そこへ虹色の目出し帽をかぶり野球のバットを持った男が押し入ってきます。

 

 

Gellinger / Pixabay

 

 

逃げようとするマデレーンさんを取り押さえ自転車の盗難防止用のチェーンロックのようなものを男はマデレーンさんの首に取り付けます。

 

そのチェーンには黒い箱が取り付けてあり、

メモが添えてありました。

 

そのメモには黒い箱の中にプラスティック爆弾が入っていると書いてあり、

マデレーンさんは恐怖でパニックになってしまいました。

 

まあ当然ですね。

 

そこへ事件を聞きつけた地元警察や爆弾処理班、救急隊などが向かいましたが、

首に巻いてある状態での撤去は専門家でもとても難しく首の爆弾を撤去するまでに

何と10時間もかかってしまいます。

 

10時間もの間マデレーンさんの恐怖を和らげようと地元女性警察官のローデン巡査が付き添い声をかけ励ましてくれたそうです。

 

後でわかりましたが、

爆弾はなんと偽物でした。

 

この事件の犯人ポール・ピータースはアメリカのケンタッキー州でFBIに拘束され、

オーストラリアに強制送還。

 

ピータースは逮捕後起訴され、

裁判にかけられます。

 

ピータース側の弁護士は精神異常を訴え無罪を主張しますが、

結局有罪が確定し、

禁固13年6か月が言い渡されました。

 

ざっとお話ししましたが、

なんと恐ろしい事件なんでしょうか?

 

10時間もの間爆弾がいつ爆発するかもわからない状況で、

ずっと動かずまともな精神状態では入れませんよね。

 

被害者であるマデレーンさんはよく最後まで我慢しましたよね。

 

被害者18歳少女マデレーンの今現在は?

 

事件が起きたのは2011年なので、

8年間しか事件後経っていませんね。

 

事件後、マデレーンさんは心的外傷を受けていて、

ストレス障害も患っていましたが時間をかけ回復していき、

海外留学をすることでだいぶ良くなったようです。

 

こんな事件に巻き込まれたら心に傷を負うのは当たり前ですよね。

 

しかもマデレーンさんは当時18歳の高校生です。

 

でも、今はマーケティング会社のアカウントディレクターを就てめているようで、

職場で元気に活躍されています。

 

26歳になった今も事件のことを思い出すこともあるようですが、

生活に支障をきたすことはなく元気にやっているようです。

 

 

 

まとめ

 

マデレーンさんが元気なことを知れて安心しました。

 

犯人はまだ服役中ですがあと数年すれば出てきます。

 

その時にマデレーンさんの脅威にならないようにケアしてあげてほしいですね。

 

以上、KEIGOでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

首輪事件の全貌をお知りになりたい方はこちらをどうぞ

 

関連記事:少女マデレーンの首に爆弾事件inオーストラリアの全貌を紹介/犯人は誰だ

コメント

タイトルとURLをコピーしました